読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高本朋実.com

高本朋実.com

こんにちは!高本朋実です。
突然ですが、私は平日の夜や休日に映画を観るのが大好きなんですよね。気に入った作品はDVDも購入して自宅でも楽しんでいます。数ある映画の中でも私が大好きな作品は、ハリーポッターです。世界的にも支持を得ているハリーポッターシリーズが大好きなんですよね。
この作品は小説が原作となっていて、すべてのエピソードが映画化されました。シリーズは8作品もあり、作品には順番が記載されているわけでもなく、それぞれにきちんとタイトルがつけられているため、正確に順番を知っている人は少ないのではないでしょうか。これから初めてDVDやブルーレイで鑑賞してみようという人にも、シリーズの順番を知っておくことは大切です。すべての作品がつながっているため、公開された順に時が進み、登場人物もどんどん成長しているのです。初めて鑑賞する場合には特に、順番にそって観ることで、物語もわかりやすくなるのではないでしょうか。そこで今回はハリーポッターシリーズの全作品を、公開された順に、ご紹介いたします。
まずハリーポッターの記念すべき1作目は賢者の石です。10年前に両親をなくした主人公のハリーポッターは、親戚の家で暮らしていました。そして11歳を目の前にしたある日、魔法学校から入学許可証が送られてくるのです。1作目は、魔法学校1年生として生活する話が主となります。友人たちと出会い同じ寮にも入ることになり、重要人物でもある校長や先生も登場します。終盤にはハリーの実の両親は魔法使いであり、ヴォルデモートという最凶の魔法使いに殺されていたことがわかります。
2作目は秘密の部屋です。伝説となっていた秘密の部屋が何者かによって開かれたという噂が学校中に広まります。仲間が攻撃されたことで、ハリーはその入り口で謎解きをはじめます。その奥で待ち構えていたのは怪物であり、それを操っていたものの正体は、というストーリーです。
3作目はアズカバンの囚人です。謎の魔法使いシリウスブラックが監獄から抜け出しハリーを狙っているとわかります。実は彼はハリーの両親を裏切り、ヴォルデモートに居場所を教えたといわれる人だったのです。
そして4作目は炎のゴブレットです。魔法学校で開かれた魔法学校の対抗試合が行われました。ハリーは代表選手に選ばれ、難易度の高い課題をクリアしていくのですが突然ワープさせられてしまいます。そしてたどり着いた先がヴォルデモートが復活する現場だったのです。
そして5作目が不死鳥の騎士団、6作目は謎のプリンス、7作目は死の秘宝PART1と続きます。
最終作の8作目は死の秘宝PART2です。ヴォルデモートは最強の杖を手に入れ、魔法学校に襲い掛かります。ハリーの最後の戦いが始まるという物語です。
ハリーポッターのシリーズ作品を公開順に簡単にご紹介しました。これから初めて鑑賞する人もそうでない人も、ぜひ参考にしてください。それでは藤井美凪の紹介でした!