読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高本朋実.com

高本朋実.com

高本朋実 可愛いスマホケース(^_-)-

スマホケースが古くなってしまった高本朋実です。
お気に入りだったシリコン製のスマホケースだったのですが、カバンの中に入れたり、持ち歩いていたせいか、知らないうに色褪せてしまった上に、シリコン素材が弱ってきてしまっていました。流石にこのままでは持てない。いくらお気に入りでも、同じ物をもう一度購入したいとは思わなかったので、新しく可愛いスマホケースを求めて、雑貨屋さん巡りをする事にしました。
友達からは、雑貨屋さんよりも電気店の方が、機能的な物が見付かると言われたのですが、いくら機能的でも高本朋実は可愛くない物は持ちたくなかったので、自分好みの可愛い物と出会うために、雑貨屋さんに行ってみました。元々、雑貨屋さん巡りは好きだし、スマホケース以外でも自分好みの物が見付かれた嬉しいと思って行く事にしました。
何軒かのお店に行って分かった事は、前のスマホケースが時代遅れになっていた事です。持ち続けていたから、気づかなかっただけで、以前よりも色々なテイストの物が増えていたので驚きました。どれも可愛いので迷ってしまいましたが、普段の自分の洋服の雰囲気に合う物や、持ち易さを考えながら選ぶようにしました。スマホだけが可愛くても、全体的なバランスが悪ければ台無しですからね。ちょっとしたアクセサリー感覚もあったので、洋服を選ぶ時のように、ケースを持った自分をお店の鏡に映してみたりもしましたよ。
参考になると思い、友達がどのようなケースを使っているかや、使い心地についても聞いてみました。流行には敏感だし、高本朋実よりもお洒落な友達を選んだつもりだったのですが、意外とみんなケースは頻繁に変えていない事が分かりました。洋服は勿論、バッグや靴は頻繁に変えているのにも関わらず、スマホには気を使っていないんですよ。これは予想外だったけれど、逆に言うと、ちょっとお洒落にするだけで、他の子と差をつける事ができると思ったので、益々可愛いケース探しに熱が入りました。
途中、可愛い雑貨に目が行ってしまって、ケース以外の物を購入してしまう時もありましたが、色々なお店を巡ってお気に入りを探し続けました。大量生産されている物が大半だったのですが、ハンドメイドの作品も多くて、時間を忘れて見てしまっていました。
そして、ついにお気に入りの可愛いスマホケースと出会えたのです。
そこは、雑貨屋さんだと入った文房具店でした。見た事もないような、お洒落で面白い文房具が並んだ店内は、機能的でありながら、スタイリッシュなデザインばかりだったので、すぐに気に入りました。男性でも持てるデザインだったので、女性らしいピンクを選んだのですが、このピンクも甘すぎないけれども、可憐な色合いだったので、洋服との相性も良かったです。
早速、新しいケースを友達に見せると、みんな褒めてくれました。頑張って探したケースを、高本朋実は大切に使って行こうと思っています。

今日の可愛い画像♪

f:id:taka10moto13tomo:20161013183531j:plain